成田空港駐車場はP3とP5どちらがよいか?【徹底比較】

成田空港内にあるP1,P2,P3,P5のうち、割安なP3,P5のどちらが良いかを比較し総合的に判断します。

本記事の結論

  • 料金は両方とも同じ(1570円/日 ※条件内半額時780円)
  • 第一ターミナル利用ならP5、第二・第三ターミナルならP3へ
  • 屋根付き希望なら迷わずP5へ

まず1番注目したいのは料金設定はP3もP5も同じく安いということです。ですので、とにかく安く駐車したい場合にはいずれかを利用すれば良いわけですが、ではP3,P5のどちらを利用すれば良いのでしょうか?料金の次に着目すべき点を解説していきます。料金設定や1日分半額や1日分無料になる割引条件についての詳細は別の記事でご紹介していますのでご確認ください。

ほとんどの方が知らないためおすすめしたい成田空港駐車場

P3とP5って成田空港駐車場のどこにあるの?

上記の成田空港内のマップをご覧ください。第一ターミナルの目の前にある駐車場はP1でして、その一歩遠くにあるのでP5です。

成田空港P5駐車場の特徴をまとめました。

  • 屋外駐車場、室内駐車場、がそれぞれある。
  • 立体駐車場となっている。
  • 第一ターミナルまで完全な室内移動ができる
  • 事前予約ができる(=空いてない場合がある)

第一ターミナルは第二・第三ターミナルと比べて比較的に遠いフライトが多いせいか、P5には屋内駐車場があり、ほとんどが屋内です。ですので、長期駐車をしたい方や、天候やお車の保管状況を気にされる方にはおすすめできます。

また、移動経路は全て室内移動が可能となっており、大荷物があっても移動も容易にできます。

P5はインターネットにて事前予約ができることも特徴ですが、そのため当日の駆け込み利用の場合ですと満車のことも多く、結果P1に駐車を余儀なくされて高くついてしまうことがありますのでご注意下さい。(事前予約時は別途予約料も加算されます。)

成田空港P3駐車場の入り口

次にマップのP3をご覧ください。第二ターミナルに近いには近いのですが、隠れるように存在するのがP3です。

第二ターミナル到着ロビー1階の一般レーン南側から徒歩で突っ切るとすぐ行くことができます。写真の奥に見えるのがP3です。

また、第三ターミナルへは距離がありますが、P3の向かい側のバス停からも第三ターミナルへ行けるようになっています。巡回バスは無料です。

成田空港P3駐車場の特徴をまとめました。

  • 屋外駐車場しかない。
  • 第二ターミナルまでの移動経路が分かりづらい。
  • 第二・第三ターミナルまで完全に屋外移動のため雨天時は濡れる。
  • 事前予約ができない。

P3は屋外駐車のみ、屋外移動、そして車室が少し狭い、というのが少し悩まれる点です。ホコリの多いこの地区での屋外での駐車を悩まれる方もおり、移動経路も分かりにくく、雨の日は濡れますし大荷物がある際は相応しくはないかもしれません。そのような際は、もしも同乗者の方がいらっしゃれば一度ターミナルへお車をつけて荷物や同乗者をおろしてからP3を利用しましょう。

P3はP5とは違い事前予約もできず、車室が狭いため、キャンピングカーやアメ車の大きなお車の方は、駐車できませんのでご注意下さい。およそハイエースやアルファードですとギリギリ程度です。

まとめ:こんな方は真っ先に成田空港駐車場のP3かP5へ

  • 安く短期駐車利用したい(P3,P5)
  • 絶対に屋内駐車がいい(p5)
  • 時間がないため成田空港へ飛び込みたい(P3,P5)

基本的には、ご利用のターミナルに近い方の駐車場のご利用をおすすめしていますが、屋内駐車が良い場合にはP5となります。また、事前予約や、混雑状況、ご利用のエアラインはどちらのターミナルへ行けば良いのか?などは成田空港の駐車場サイトにてご確認ください。